TENPEI-LOG

(備忘録)うつ病→双極性障害(躁うつ病)になった原因を分析したんだけど参考にしてね。

Pocket

みなさんこんにちは。
私は、双極性障害という診断を受けております。
この記事を書いている時点で、28歳なのですが、それはそれはとっても悩んだものです。
すごくわかりやすい説明サイトがあったのでこちらみてみてね!

双極性障害[そうきょくせいしょうがい](そううつ病) – 子ども情報ステーションby ぷるすあるは

※僕の症状としては、、、
・気分の上下
は顕著ですね。だいたいリンク先の記事のことをしっていてくれると助かる感じ!

うつ病になったのは21歳。
その瞬間にうつの原因になってることはすべてはわかりませんし、この記事を書くことは僕は7年前の自分と向き合うことでもあるのですが、そんなに勿体つけるものでもないので、書きます。

なんでかけるようになったかというと、歴史の石版に刻んでおかないと悲しいことが起こるであろうと僕が感じたからです。
かいて、社会から守られたいわけでもなく、何が言いたいかといえば、結局未来の人々に残したいからなんですな。

最初は、適応障害

新卒で高専を卒業して、20歳で22歳と24歳とおなじ環境に放り込まれたとき。
思えばすべてがアゲインストな風の中、僕は半年ほど無理をしただけでだめだったみたいです。
学校の勉強がいくらできても(しかもべつに満点だったわけじゃない)本質的に身体に染み込まないまま卒業したっていうことも原因ですね。要はあまあまなんですよ僕が僕自身に。

・年上のすごい同期と横並び
・できない自分
・低い給料
・低い給料で栄養をケチって不健康に
・不健康になって仕事がはかどらない
・はかどらないとネチネチプレッシャーをかけられ

ここからうつ

・ぐちを唯一こぼせてた彼女には別れを言い渡され、絶望で鬱に
・帰る場所は故郷から遠く離れた千葉
・24時間呼び出される上司
・暗く淀んだ町
・このまちで一生を終えたくないという葛藤
・あと家族に●回しか会えないんだ、という計算
・仕事が終わらないから16時間働くという誤った解決方法
などなど

きっかけは当時の恋人からの別れの言い渡しでしたが、
すべて、人のせいにしながら僕は絶望に浸って、うつでした。
あの町のあの駅、あの匂いを思い出すといまも吐き気がしています。

そして、その状態のまま、半年が過ぎました。

ふとしたスイッチで躁へ

・同期の自殺
・昔の恋人からの手紙、誕生日に届いた栄養剤
→その恋人もうつを過去発症していたので、僕を助けようとしてくれて手紙をくれた
→栄養剤、すなわちウイダーインゼリーをのんだことで高揚感、体調不良の改善を感じ、こんなきっかけで躁へ突入

・上司との喧嘩(喧嘩ができるのもの自信があるから
・車の購入(気が大きくなっていくといわれている
・異常とも言える行動力
・千葉愛知を車でなんども往復する
・借金を繰り返す(これあるよね

など、パワフルな自分を経験した。

刺激とその受け取り手としての関係

強い刺激があったときに、自身も受取手として、素直な気持ちで反応できるところが売りだったが、
その結果脳内に異常なストレス状態をもたらして、異常な体験をした。脳みそを壊してしまったのかな、とも考えた。
多くの判断の基準が、普通ではない、のも当然で、普通ではない環境で育って、普通ではない経験をしたのではと感じているからだ。
そんな経験から、普通ってなんだ、って問いただして、普通なんていう理想的平均点は存在しないと気がついた。
この破壊力満点の人生から世界を見たときに、いろいろなことが見えてくるという感覚は新鮮だった。

これからどう生きていくか?

変わらない普通なんていうものがないとしたときに、僕がしたいようにいきるのがいいと思っている。
本当にしたいことをするために、20年我慢してきた殻をこわしたきっかけがうつ病だと今でも思っている。
ふとしたきっかけでスイッチが入っているときもあるので、なんとも言えないが、コントロールしていこうとおもう。
コントロールすることは、僕がしたいことだからだ。

所構わず自分のあるがまま生きることは、理性をもたないアニマルと一緒だ。
理性は、いずれ失われるものだとしても、大事にしていきたいと思うし、いまは、僕のそばにいてくれるこの理性を大事にしたいとおもう。

※補足:もうちょっと書くね

・原因としては、超真面目な幼少期というのもあるかも。社会通念強めで、反することがストレス。
・双極性障害、これは気分障害とも今は呼ばれ、躁鬱というような側面以外からの診断名もある。
・気質によるものが大きいので、付き合っていくしかない。足が臭いとかと同じぐらいの深刻さだと思えばいい。対策の打ちようがある。
・経営者さんで心の病に掛かる人の気持ちも最近わかるようになってきて、その対策を一緒人考えれるかもと前向き。
・若いうちに転んでおくといいね、っておもう。
・特に夏と冬という季節、日照時間に連動して、日照時間が長い方がハイになりやすく、冬はローになりやすい。したがって、僕の場合は、冬に淡々と仕事をして、夏にはっちゃけすぎない、というルールを追加しようと思っている。難しいね、特に夏。
・あとは、睡眠時間をコントロールしないと、単純なストレスでやばいみたいなので毎日決まった時間に6時間寝るようにしている。
・栄養も大事
・そんな感じ

Pocket