TENPEI-LOG

人生を立て直したい そんな時にすること(vol.01 まず冷静になる)

Pocket

こんにちは!てんてんです!

すっごい突然ですが、人生が壊滅しかかることって人生に数度はありますよね??

え?

まだ経験がない??

そんな人はこの記事はまだ必要ありません。

・いつか自分の人生が壊滅しかかった時

・壊滅しかかってる知り合いがいる時

そんなときはここに戻ってきてくれるとこの記事をかいたことが報われるってもんです。

今、僕は人生で何度目か不明ですが、結構最大限に追い込まれているところです。

要は、人生において最も壊滅に近い状態です。

壊滅、こんな絶望的な言葉がありますが、正直日本という国は壊滅から立ち直った国なので、その壊滅度とくらべたらお茶の子さいさいです。

では、どのように目の前に広がる壊滅的な状況に向き合うかを、人生立て直しマイスターとして魂削って刻んでまいります。

はじめに:冷静になる。

壊滅に瀕した時に、様々なご自身の心の反応が出てくると思います。

身体的反応

・めまいがする

・吐瀉物(ゲロ)がでる

・下痢がとまらない

・まぶたの痙攣

・涙がとまらない

・体の一部がピクピクする

・急に気力がなくなってガクッとくる

行動的な反応

・落ち着かない

・絶望がぐるぐるする

・考えることが億劫になる

・人に助けて、とやたらめったら連絡してしまう

・思考がまとまらず支離滅裂な言葉を出したりする

・仕事が手につかない

これらは、ほんの一例ですが、人間は大変脳みそのの能力が強いので、思い込むだけで死に至ることだってできちゃうので、そっちに脳みそ使わないことはとっても大切です。

この、冷静でない状態を脱するのは以下のステップで行うと良いでしょう。

身体的脳みそ的な回復について

・落ち着ける環境に避難

例:早めにやることに見切りをつけて布団に入る

・その環境をたっぷり味わう

例:明日は有給にして18時間は寝る

・食事は今までよりバランスよく、今までよりも規則正しく食べる

→ヤクルトを朝一本でだいぶ吸収効率がかわる

→日本人の文化的に、米、野菜、肉、味噌汁でかなり安定。偏ってはいけない

→3食食べる

これを数回繰り返すと冷静になれると思います!

もしまだ足りなければ、次に執筆する、自身の社会的な状態の把握をしていきましょう。

この記事を読めているあなたは、まだ大丈夫。

落ち着けば必ず立ち直る。

なぜなら私自身が立ち直っているから。

安心して!

次回へ続く

Pocket